白糠名産の柳ダコとつぶ貝を使った海鮮あんかけごはん SHIRANUKA 白糠タコつぶステーキ丼 2015年3月28日(土)デビュー 試行錯誤の末、ついに完成した珠玉の一品。白糠タコつぶステーキ丼の魅力を徹底解剖!白糠タコつぶステーキ丼 熱々がうれしい!海鮮あんかけごはん食材王国・白糠町の新・ご当地グルメ 白糠町工商会

イベント報告・お知らせ

2015/2/9 「2015味技フェスしらぬか」終了のご報告

400名を超える方にお集まりいただきました。 ありがとうございました。 感心の高さに驚かされるとともに、残された時間でしっかりとしたものを作っていかなければならないと身が引き締まる思いです。

「白糠タコつぶステーキ丼」は、 道東自動車道白糠インターチェンジ開通の前日となる 3月28日土曜日にデビューとなります。 どうぞお楽しみに。

2015/2/6  「2015味技フェスしらぬか」開催

「味技フェスしらぬか」の中で、 「白糠タコつぶステーキ丼」をプロデュースいただきました 元北海道じゃらん編集長で、現在はじゃらんリサーチセンターのエグゼクティブプロデューサーでありますヒロ中田氏をコーディネーターにお迎えし、 「新・ご当地グルメによる白糠町の活性化について」をテーマにパネルディスカッションを開催します。

道東自動車道 白糠インターチェンジ開通を機に、昨年4月から取り組んできた本町初となる「新・ご当地グルメ」がいよいよ完成し、 公式な発表の前に一足お先に町民の皆様にお披露目させていただきます。 正式なデビューはいよいよ来月に迫りました道東自動車道白糠インターチェンジ開通の前日となる3月28日土曜日になります。

「新・ご当地グルメ」の内容は、本町特産の「柳だこ」と「灯台つぶ」をメイン食材にした「白糠タコつぶステーキ丼」に決定。 この「新・ご当地グルメ」の開発は料理を作ることが目的ではなく、 「新・ご当地グルメ」を核として高速道路利用者、また、国道38号を通過する方々に町に立ち寄っていただき、 町で買い物をしていただく切っ掛けとし、更にはそこから地域活性化に繋げて行くことを目的に手掛けてきたものです。
町民の皆様に愛されるグルメ、町民の皆様が町外からのお客様を「おもてなし」するグルメとしても期待しているところです。

200食限定になりますが、ミニ丼のご試食を用意させていただきます。
また、ご当地グルメや白糠の食に関してのクイズ大会も行います。正解者200名様にはなんと「白糠タコつぶステーキ丼」のお食事券をプレゼントさせていただきます。

皆様のお越しをお待ちしております。

プロデューサー ヒロ中田

プロデューサー
ヒロ中田

プロデューサーが語る「白糠タコつぶステーキ丼」おさかな王国をPRするロングセラーグルメに!

「柳ダコ」「ししゃも」「毛ガニ」「つぶ貝」「秋鮭」「ホッキ貝」「チーズ」「羊肉」「紫蘇」「鹿肉」…白糠町の食材をざっとリストアップするとこうなります。しかし、「食材王国・白糠町」「おさかな王国・白椋町」を世に知らしめるご当地グルメはこれまでありませんでした。
そんな中、道東自動車道白糠IC開通(2015年3月29日)が交流人口を増やす…